ドーベルマン・わがままサラのブログ
ドーベルマンのサラはうちにやって来たその日から天性のワガママぶりを発揮してきました。この自由奔放なラテン系の犬との生活と    しつけの模様をお届けします。

プロフィール

JUN

名前◆サラ(Sarah)
性別◆ドーベルマンの女の子
年齢◆3歳0ヵ月(2010年12月6日現在)
誕生日◆2007年11月28日

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

北軽井沢スウィートグラス・ワンコとキャンプ・コテージ (5)
カーロ・フォレスタ・軽井沢ジャルディーノにワンコと泊まる (3)
ペット・犬 (16)
ドックラン (6)
ワンコと旅行(奥入瀬・十和田湖) (5)
散歩 (3)
ワンコと旅行 (8)
ワンコとキャンプ・コテージ (1)
ドーベルマン・ブリーダー (1)
その他日記 (2)

月別アーカイブ

スポンサーサイト
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
奥入瀬渓流・十和田湖にワンコと旅行シリーズ~奥入瀬渓流ホテルと旅情報の備忘記録
 
今回、我々が紅葉散策にワンコ連れで訪れた奥入瀬渓流・十和田湖旅行シリーズの最後として、今回お世話になった奥入瀬渓流ホテルを中心にUPしてみました。奥入瀬渓流沿いに建つ唯一のワンコ宿泊可の大型ホテルだけあってとても快適でした。
これまでのシリーズはコチラから:
紅葉が見頃の奥入瀬渓流・十和田湖にワンコと旅行するシリーズDay1
紅葉が見頃の奥入瀬渓流・十和田湖にワンコと旅行するシリーズDay2-1
紅葉が見頃の奥入瀬渓流・十和田湖にワンコと旅行するシリーズDay2-2
紅葉が見頃の奥入瀬渓流・十和田湖にワンコと旅行するシリーズDay3

サラを連れて引き運動からホテル正面へ戻った時のショット
P1100184 back to hotel

ワンコ宿泊可のホテルは今でこそ全国中にありますが、飼い主もワンコも完璧に満足できる条件・環境を備えたホテルというのは中々ありません(特に北東北エリアは)。どのような条件が大切かは皆それぞれ異なるので単純比較はできませんが、ウチとしてはここのホテルは満足でした。おススメな点は・・・・・・

1.何といってもすばらしい自然環境(渓流がすぐ横なのでいつで
  もワンコを連れて散策できる近さ)部屋からもレストランからも
  眺められる渓流(OCEAN VIEWならぬ渓流VIEWです!)
2.岡本太郎の数々のオブジェがすばらしいホテルラウンジや
  渓流沿いのホテルの庭
3.ワンコも人間もくつろぐのに十分な客室スペース
4.素晴しい温泉(ホテル内には露天風呂と渓流VIEWの2つの大型浴場
  +バスで5分で連れて行ってくれる別館の露天温泉)
5.おいしい食事(おススメは和食御前コース)

ラウンジから~まさに自然の中にあるホテル
P1100143 hotel

反対にこれを求めたら贅沢かもしれないけど!?という点は・・・・・
1.ワンコ宿泊可の部屋の設定が1室だけ(新緑や紅葉シーズンは取るのが大変)
2.ドッグランは無い(けど目の前の大自然でワンコも癒される)
3.ワンコ設定の部屋は本館(東館)ではなく、別館(西館)の玄関
  から一番遠い部屋

ホテル前の国道沿いの紅葉
P1100181.jpg

ただ、上記3点は環境のすばらしさを考えると消えてしまうほどささいなモノですし、ワンコ連れ客主体のホテルではないのでマイナス要因にはならないかもしれません。3は他のお客さんに迷惑がかからないように!というホテルの姿勢なのでしょうが、合理的だとは思います。世の中、犬嫌いの方もいらっしゃいますし、そういう方もリスペクトしなければなりません。 何より素晴しい温泉と眺めがあって、ワンコともいられるというところが重要でこのホテルがいいなと思うところなのです。

そのいいな!という点を見ていくと・・・・・

奥入瀬渓流ホテルのシンボル、岡本太郎の大暖炉
「森の神話」のあるラウンジ

P1100132 lng
ラウンジはホントにすばらしい空間でした。その最大の理由は、コレ↓

ラウンジからの眺め。大自然のパノラマ!!
P1100138 lng view
ホントに癒されます。いつまでも飽きない空間でした。

レモングラスのハーブティーがおいしかった
P1100145.jpg

レストランも渓流ビュー
P1100124 rstrnt wndw seat

朝のバイキングの様子~メニューも味も良かったです
P1100125 rstnt

西館のロビーにも岡本太郎の巨大暖炉「河神」
P1100126  west bldng entrnc

部屋からの渓流ビュー
P1100123 river view

部屋は長く、空間は大型犬+人間2名でも余裕
P1100117 rouka

部屋でのサラの様子
P1100130 srh

部屋が長いのでちょっと室内ドッグランみたいなことをしました・・・


ホテルそばの十和田湖温泉街のサイクリングロードをサラの引き運動
20101114005914b03.jpg
ドーベルマンのような運動量が必要な犬を満足させるには自転車じゃないと人間のほうが先にバテテしまいます(少なくとも自分の場合はおじさんなので)。新鮮な空気を吸いながら走るサラは気持ち良さそうでした。

最後に渓流をまわる時の手段についてまとめてみました。
奥入瀬渓流のまわり方いろいろ

1)徒歩で散策
  最大のメリットは森のイオンが体中で感じ取れます。
  でも全長14キロもある行程(片道5時間)を歩くのは
  現実的ではないでしょう。よって2)か3)の乗り物
  に頼って、コースを絞りながらの散策というのが一般的
  なようです。
2)マイカー(レンタカー)+徒歩
  この方法が多いと思います。見たい場所を絞って効果的に
  回れます。反面、駐車場の確保が難しい時があります。  
3)JRバス+徒歩
  駐車場の心配もなく、一番身軽にまわれます。ただ欠点は
  一時間に1本ほどというバスのダイヤ。それ以上にこの方法は
  ワンコと一緒にはまわれませんね。愛犬家はやはり車しかない
  でしょう。うまく時間を合わせれば  物理的には一番気軽かつ
  効率的にまわれる方法かもしれませんが。 

4)自転車(レンタサイクル)
  自転車は実質的には使えないと感じました。というのは自転車
  だと奥入瀬渓流沿いの国道102号線を使いながらの散策という
  ことになると思うのですが、紅葉のシーズンは大型観光バスや
  マイカーが激しく行き交い、また  その散策中の客が戻るの
  待つために路駐している観光バスや一般のマイカーが道をふさい
  でいます。その路駐している車達を避けるように対向車が迫って
  きて、非力な自転車ではハッキリ言ってとても危険です。

私は2と3のマイカーとJRバスを併用しました。奥入瀬渓流ホテルをマイカーで出発すると、石ヶ戸休憩所にある無料駐車場に止め、散策開始。雲井の滝の少し先のバス亭「雲井林業」からワンコとおばさんを置いて、私一人バスで石ヶ戸の駐車場まで戻りました。そこから車で戻って二人を拾い、銚子大滝の手前の駐車場へ車を置いてから散策を続けました。このコースだと奥入瀬渓流のツボと言えるような名所はほとんど押さえつつ、紅葉を肌で体感できます。


他のワンコと旅行/ドーベルマンのブログはこちらから!
にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ
にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
紅葉が見頃の奥入瀬渓流・十和田湖にワンコと旅行するシリーズDay3
 
紅葉が見頃の奥入瀬渓流・十和田湖にワンコと旅行するシリーズDay2-2からの続編~

前夜、奥入瀬渓流散策からホテルに戻ってから熱を出してダウンしたサラですが、翌朝にはすっかり元気になっていました。やっぱり若いってスゴイですね。

ベットの横で一晩寝て回復したサラ
P1100116 sarah

朝食を済ますと、昨日行けなかった残りの散策コースと十和田湖へと向かいます。
銚子大滝のそばの駐車場へ車を停めて歩き始めます。この日の五両の滝は散策コースが一部途絶えて、車通りの激しい国道を歩かなければならないので、サラは車の中で留守番です。

奥入瀬の外れのせいか、あまりヒトが訪れない五両の滝
P1100188 goryo no taki
この五両の滝は奥入瀬散策コースが途中で一瞬途絶えて、国道を少し歩いた先にあります。駐車場からも遠く、徒歩でのアクセスの悪さのせいか、他の滝ほどヒトが訪れません。銚子大滝までがアクセスも良く、最も人気があり、ここまで奥入瀬渓流の代表的なスポットという感じなのでしょう。

万両の流れ
P1100192 manryo no nagare
万両の流れまで来ると、いよいよこの奥入瀬渓流の散策コースの終点である子ノ口(ねのくち)がすぐそこです。

鮮やかだったので一枚
P1100197 ky

名前も無いけどきれいな流れ
P1100200.jpg

子ノ口制水門(ねのくち)
P1100205 nenokuchi suimon
この水門の先は十和田湖。十和田湖から奥入瀬渓流への流れをここで制御しています。
ここまで来るともう奥入瀬渓流はほぼ終了。十和田湖はそろそろ見えてくるでしょうか。

十和田湖からやって来る澄んだ水が美しい
P1100216.jpg

十和田湖側から子ノ口水門を見る
P1100224 suimon and koyo

奥入瀬渓流散策コース終了
P1100226 oirase end
いよいよきれいだった奥入瀬渓流が終わった。そして見えたのは・・・・・・

十和田湖だ~~!!
P1100231.jpg
十和田湖もしっかり紅葉してました。例年だと奥入瀬より上流に位置する十和田湖周辺の紅葉のほうが、奥入瀬より早く訪れるそうですが、この夏の異常な高温のせいか、タイミングが崩れているみたいです。奥入瀬と十和田湖の紅葉が同時に楽しめました。

子ノ口湖畔食堂
P1100236.jpg
ここの食堂で十和田湖の天然ヒメマスの塩焼き(と言っても元は放流された魚)を頂く。大きくて臭みもなく、とてもおいしかった。写真を撮り忘れたのが残念。十和田湖へ訪れたらヒメマスは是非おススメです。

十和田湖の紅葉
P1100242.jpg

十和田湖の遊覧船、第一八甲田
P1100248.jpg
紅葉のシーズンはこの遊覧船に乗って紅葉を見るとホントにきれいだそうです。我々は時間が無くて無理でしたが、今度はゆっくり乗ってみたいと思います。

十和田湖から奥入瀬渓流方向を振り返るとこれまたいい感じの紅葉
P1100254.jpg
この十和田湖で食事を取り終わったのが午後4時頃。
実は当初の計画ではこの後八甲田山を軽くドライブした後、八戸市内で海の幸を夕食としていただいてから南下、仙台辺りのホテルで一泊してから帰る予定でしたが、とてもそんな時間がありませんでした。 結局サラが待つ車のところに戻って八戸・八戸自動車道方面へ向けて奥入瀬を出発したのが午後5時頃。

仙台にあるワンコが止まれるホテルに泊まって翌日東京へ戻ろうと思ったのですが、八戸自動車道から東北道へ合流、仙台に着くころにはいいペースで調子良く走れたのでそのまま仙台もパス。 結局、途中サラと人間の食事&トイレ休憩以外はぶっ通しで運転して午前1時半頃に東京の自宅に着きました。サラはSAで歩かせてあげた時以外はほぼ車の中でイビキをかいて寝ていました。

奥入瀬は地元の方いわく、新緑が一番いいそうなので来年5月以降にまた訪れたいところとなりました。

今回泊まったワンコと泊まれる奥入瀬渓流ホテル内の話は次回です。
奥入瀬渓流・十和田湖にワンコと旅行シリーズ~奥入瀬渓流ホテルと旅情報の備忘記録に続く~

ワンコと旅行/ドーベルマンのブログをもっと見る場合はコチラから!
にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ
にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ
にほんブログ村
紅葉が見頃の奥入瀬渓流・十和田湖にワンコと旅行するシリーズDay2-2
 
紅葉が見頃の奥入瀬渓流・十和田湖にワンコと旅行するシリーズDay2-1の続編です。

いよいよ奥入瀬渓流を代表する滝や清流が見えてきます。

石ヶ戸休憩所からスタートしている今回の散策ですが、奥入瀬渓流で最も有名なスポットの数々は今回ご紹介する「雲井の滝」~「銚子大滝」間に集約されていると言っても過言ではありません。 

奥入瀬渓流散策で時間の都合上、最短で効率よく回りたい場合は雲井の滝スタート→銚子大滝ゴールもいいのではないかと思いました(その分、行き交う観光客が最も多いコースですが)。 

こんな名も無い美しい落ち込みがあちこちに!
oirase2-22.jpg

滝と呼ぶには繊細な千筋の滝
oirase2-23 sensuji no taki

奥入瀬渓流の代表的な滝の一つ、雲井の滝
oirase2-24 kumoi no taki

雲井の滝のドーベルマン
oirase2-25 kumoi no taki

雲井の滝(少し離れたところから)
oirase2-26 kumoi no taki

白絹の滝
oirase2-27.jpg
白絹の滝は白糸の滝、不老の滝、双白髪の滝と4つ合わせて「一目四滝」と呼ばれる滝だそうです。

白銀の流れ
oirase2-28 hakugin no nagare

写真では伝わりにくいですが、息を飲む美しさでした!!
oirase2-29.jpg

奥入瀬渓流ホテルのスタッフの方いわく、今年の奥入瀬の紅葉はイマイチの色づきとのことでした。その理由があの猛暑。青森でも10月上旬まで結構気温が高かったのが、ここへきて急にダウン。例年だと徐々に色づくハズが、一気に気温が下がったので、葉が紅葉する前に緑色の葉のままかなり落ちてしまったんだとか。

それでも今年に関しては例年より一週間遅く、紅葉のピークが来たので、我々の訪ずれた週が今年のベストのタイミングでした。今年は暑かったので紅葉がズレるだろうと踏んでいたのでラッキーでした。

紅葉している木々の中にさらに紅一点という感じ
oirase2-30.jpg

ちょっと奥まったところにある九段の滝
oirase2-31  kudan no taki

この木なんの木?
oirase2-32.jpg

奥入瀬渓流ではだれもが必ず見る銚子大滝
oirase2-33 choshi ootaki

十和田湖にはヒメマスが放流されるまでの長い間、魚はいなかったそうです。その理由がこの滝の存在。奥入瀬渓流で唯一本流上の滝であるこの銚子大滝はその激しい流れから別名「魚止めの滝」と言われ、魚の遡上を許さなかったんだとか。

それにしてもものすごい水量
oirase2-34 choshi ootaki
滝のサイズは幅20m、高さ7m。

銚子大滝を越え、さらに残りの散策スポットを見ようと十和田湖方面・子ノ口方面へと向かおうとしたのですが、ものすごい数の団体客が迫ってきたのと目ぼしいところは見終わったので、この日はここまでにしました。

oirase2-35.jpg

それにしても今回の奥入瀬渓流散策では中国人の団体客に圧倒されました。平日で日本人観光客が割合少なかったことを差し引いても、散策コースを歩いているヒトの7~8割は中国の方々だと断言できるほどです。そして首には超高価な一眼レフデジカメがぶら下がっていました(しかもニコンやキャノンの上級モデル)。

宿である奥入瀬渓流ホテルへと戻り夕食です。昨夜は和食御前コースがとてもおいしかったのですが、この日のディナーはバイキングなのでどうでしょうか。ところが宿へ戻ると、サラが元気がありません。

サラ、熱でダウン!!
oirase2-36.jpg

暖かい東京から急に気温の低い渓流、しかも散策コースはところどころヌカルんでいたせいか、風邪を引いたようです。サラの額がとても熱くなっていて少し焦りました。暖房を目一杯きかせ、休ませてあげました。サラ、生まれて初めての熱でダウンでした。

次回「紅葉が見頃の奥入瀬渓流・十和田湖にワンコと旅行するシリーズDay3→長くてスミマセン」では宿のペット宿泊可のお部屋の内部やサラの様子、3日目の最終日に訪れた残りの散策コースをお届けします。

他のワンコと旅行/ドーベルマンのブログはこちらから!
にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ
にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ
にほんブログ村
紅葉が見頃の奥入瀬渓流・十和田湖にワンコと旅行するシリーズDay2-1
 
紅葉が見頃の奥入瀬渓流・十和田湖にワンコと旅行するシリーズDay1からの続編~

昨夜チェックインした奥入瀬渓流ホテルで午前7時30分頃起床。ほぼ徹夜で運転してきて疲れた我々は食前にシャンパンとビールを飲み、おいしい和食御前コースの夕食をいただいて部屋に戻ると10時頃だと思いますが、いつの間にか爆睡していました。

この日の朝は気にしていたお天気も曇りで雨でなくて良かった。バイキングの朝食を済ませると奥入瀬渓流に面したホテルの庭園を軽く散策。そしていよいよ待ちに待った奥入瀬渓流散策の始まりです。

奥入瀬渓流ホテル入り口
oirase2-1 hotel
奥入瀬渓流ホテルは奥入瀬渓流沿いに唯一面した大型ホテルです。しかもこの付近で唯一ワンコ宿泊可のお部屋ありのホテル。

奥入瀬渓流ホテル東館(本館)
oirase2-2 hotel
チェックインカウンターはこの東館にあります。団体客の多くはこちらの東館へと流れていきました。

奥入瀬渓流ホテル西館
oirase2-3hotel.jpg
ワンコ宿泊可(犬のみ。猫ちゃんは残念)のお部屋は現在一室のみの設定でこの西館玄関口から一番奥にあります(1F)。入り口からは遠いのですが、一番奥なのでワンコがいても他のお客さんに気兼ねなくすごせるし、とても静か!何といっても窓からは奥入瀬渓流ビュー!という部屋です。お部屋の様子は今後UPするブログでご紹介します。

奥入瀬渓流ホテルの庭園でサラと(奥入瀬渓流に面した庭)oirase2-4 hotel grdn
ホテル自前の庭園ももちろん奥入瀬渓流沿いにあります。食事の後は気軽に散策できて贅沢な環境です。ホテルの建物自体は古いですが、ロケーションは最高!!言うことなしです。

石ヶ戸休憩所付近の奥入瀬渓流(今回の奥入瀬渓流散策の起点)oirase2-5 ishigedo
いよいよ奥入瀬渓流散策スタート。奥入瀬渓流は上流に位置する十和田湖との接点である子ノ口(ねのくち)を起点として流れる全行程14キロ(徒歩で5時間)の散策コース。全行程を犬を連れて散策するのは無理(というか人間のほうが)なので、見どころの多いこの石ヶ戸休憩所から子ノ口に向けて、下流から上流へと散策します。下流から上流に向かって歩くのは途中にある滝や清流の流れが見やすいからです。

石ヶ戸休憩所付近でのサラのショット
oirase2-6 ishigedo

奥入瀬渓流は犬連れ散策OKです。国道102号線沿いの林道の散策道はぬかるんでいますが、人間だけでなく、ワンコもマイナスイオン効果絶大でした。

こんな美しい景色が続きます(画像データ縮小で画質が悪いのが泣ける)
oirase2-7_20101114005208.jpg

oirase2-8_20101114005208.jpg

苔からこんなカワイイ芽!?が出ているので思わず撮ってしまいました!
oirase2-9_20101114005208.jpg

奥入瀬渓流を歩くドーベルマン・サラ 空気が冷たく目が潤んでます
oirase2-10.jpg
犬連れはほとんど見かけず。ましてやドーベルマンは相当めずらしかったのかかなり目立っていました。結構恥ずかしいものがありました。サラは足を濡らしたくないのか、水たまりやぬかるんでるところを避けて歩いていました。お嬢さんだな。

奥入瀬渓流散策コース沿いを並行して走る国道102号oirase2-11.jpg
お昼を過ぎる頃には散策している客が戻るのを待つ大型観光バスやマイカーがたくさん路上駐車していて大変な状態になっていました。空いていれば車で走るだけでもかなり素敵な雰囲気の道路。

苔に混じってシダ類もそこかしこに見られます
oirase2-12.jpg

oirase2-13_20101114005302.jpg

国道102号沿いに見える馬門岩(まかど)
oirase2-14 makadoiwa

岩のすき間から湧水が滴っています
oirase2-15 makadoiwa

馬門橋から美しく色づいた木々
oirase2-16_20101114005302.jpg

奥入瀬渓流のハイライトの一つである「阿修羅の流れ」
oirase2-17 ashura no nagare

清流の激しい流れ
oirase2-18 ashura no nagare

とにかく被写体には事欠きません
oirase2-19_20101114005341.jpg

飛金の流れ(とびがね) 阿修羅の流れもいいですが、こちらも中々
oirase2-20 tobigane no nagare

白い飛沫を上げながら岩の間を激流が流れていきます
oirase2-21 tobigane no nagare

紅葉が見頃の奥入瀬渓流・十和田湖にワンコと旅行するシリーズDay2-2へと続く~

他のワンコと旅行/ドーベルマンのブログはこちらから!
にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ
にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ
にほんブログ村
紅葉が見頃の奥入瀬渓流・十和田湖にワンコと旅行するシリーズDay1
 
紅葉が100%見頃だった奥入瀬渓流・十和田湖にワンコと旅行に行ってきました。今回は2泊3日を全行程マイカーを使い、到着初日は白神山地のブナ散策、2日目に奥入瀬渓流・十和田湖の紅葉散策、最終日は八甲田山周辺ドライブ&八戸グルメという計画を立てましたが、中々思い通りにはいきませんでした。

途中サラのトイレ休憩で寄った岩手山SA(岩手県盛岡より30キロほど北)oirase1-1.jpg

何せこの2泊3日という日程で東京から片道650キロ弱という距離を一気に進む計画は、初日から狂いました。夜10時頃出発が午前1時半過ぎになり、そのせいで東北自動車道の十和田インター辺りにたどり着いた午前8時頃に眠気がピーク。終点の大鰐弘前を目前にして小坂SAで仮眠。起きたらなんと午前11時頃でした。

岩手山SAから八幡平をのぞむ
oirase1-2.jpg

結局、疲れ果てたまま、昼の12時半ごろにやっとのことでブナ林と暗門の滝歩道の起点となる白神山地アクアグリーンビレッジANMONへ到着。その時点で往復3時間・ぬかるんだ道をハイクをする気力も体力も残っていませんでした。

アクアグリーンビレッジ暗門付近の紅葉とサラ
oirase1-3_20101114005025.jpg


暗門の滝歩道入り口の紅葉
oirase1-4_20101114005025.jpg

白神山地はワンコ(ペット)立ち入り禁止です
oirase1-5.jpg

でも紅葉はここでも充分キレイでした
oirase1-6.jpg

という訳で白神山地のハイクは次回挑戦ということにし、今回の旅のメインである奥入瀬渓流・十和田湖方面へ向かいました。今夜から2泊する宿は奥入瀬・十和田湖付近で唯一のワンコ宿泊可のホテルである奥入瀬渓流ホテルです。
~~紅葉が見頃の奥入瀬渓流・十和田湖にワンコと旅行するシリーズDay2-1へと続く~~

他のワンコと旅行/ドーベルマンのブログはこちらから!
にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ
にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ
にほんブログ村

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

FC2カウンター

他のワンコと旅行/ドーベルマン/オートキャンプのブログはこちらから!

他のワンコと旅行/ドーベルマン/オートキャンプのブログはこちらから!


copyright 2005-2007 ドーベルマン・わがままサラのブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ.
成功するダイエット方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。